<< 【その他】Busy | main | 【ATP】ナダル棄権、しかし収穫あり<ステラ・アルトワ選手権> >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | by スポンサードリンク

 
【全仏】ナダル優勝
決勝からだいぶ時間が経過してしまい熱が冷めてしまった感じがありますが、全仏の決勝の記事を書きたいと思います。

祝 R.ナダル d R.フェデラー 16 61 64 76 祝

全世界が注目したナンバー1とナンバー2の対戦は、クレー王者のナダルに軍配が上がりました。

1stセットは『決戦間近』で書いたフェデラーの理想の形で進んでいました。柔らかいプレーでナダルを前後左右に走らせ、ネットプレーやここぞというときの強打でポイントをとる。対戦相手に「一体どうしたらポイントを取ることができるのだろうか・・・・」と思わせるオーラがたくさん出ていました。対するナダルは緊張があったのかわかりませんが、足があまり動いていなく、スピンのかかり具合がいまいち、バックのダウンザラインがネットにかかったりサイドラインをよく割っていました。ナダルは徐々にペースを上げていきましたがフェデラーは崩れない。このセットで一番重要だったのがナダルのサーブで始まった第6ゲーム。ナダルはこのゲームで初めて自分のサービスゲームをキープし、初めてゲームをとりました。続く第7ゲームはフェデラーがキープして締めくくりましたが、第6ゲームをフェデラーがブレークして締めくくっていれば結果は違っていたかもしれません。ナダルはあのゲームをキープしたことによって、2ndセットもそのままの調子でキープしていけると安心感をもてたと思います。対するフェデラーは、2ndセットでナダルが完全復活する前に叩き潰しておこうと考えていたはずです。

2ndセットはナダルのキープで始まりました。最初のゲームをキープできた安心感からか、それ以降は本来のプレーができていたように思えます。続く第2ゲーム、フェデラーは40-0でゲームポイントを3つ握りましたが、そこから簡単なミスが続きます。ナダルはこのチャンスを見逃しませんでした。叩き潰す作戦がうまくいかないのか、フェデラーのプレーが固くなり、ナダルこの隙にこのゲームをブレーク!この時点でフェデラーのまとっていたオーラは徐々に薄くなっていきました。

3rdセット、4thセットはスコアは競りましたが、内容はナダルの独壇場。スライスとスピンのいい所だけが合わさったようなサーブで重要なときにエースを取り、スピンがものすごくかかったフォアで逆クロスのアングルやダウンザラインでウィナーを取り、安定したパッシングでフェデラーのネットプレーを阻止・・・文句の付け所がありません。土壇場でフェデラーにブレークバックされましたが、それでもナダルの優位は変わりません。マッチポイントでドライブボレーをクロスへ決めてローランギャロス2連覇を手にしました。

今大会のナダルの決勝までの道のりは決して楽なものではありませんでした。しかし、ベストパフォーマンスを決勝まで残していたとは......末恐ろしい青年だ。試合後のインタビューで語っていたように、この試合はナダルのテニス人生の中でベストマッチだったと思います。ストロークよし、サーブよし、ボレーよし、フットワークよし。フェデラーのプレーを見始めたときの衝撃に似たものを感じました。

フェデラーのクレーでのプレーは去年より格段に良くなっています。が、まだまだ改善すべきところはあるはずです。それは技術的なことでなく、戦術や精神的なことではないでしょうか。しかもそれはナダルだけに対してのものです。ナダル以外の選手なら今のままでも対応は十分可能ですが、ナダルに対してはまだまだ不十分。個人的には今後フェデラーがナダルにクレーで勝てる望みは少ないと思いますが、がんばってもらいたいです。

女子はエナンの2連覇、男子はナダルの2連覇で幕を閉じました。来年はどうなるでしょうか。両者の3連覇か、新勢力の登場か、はたまた王者の逆襲か・・・

近いうちに全仏全体をまとめた記事を書きたいと思います。


テニスブログを探すなら人気ブログランキングへ→
全仏の話題で盛り上がっています!
記事に満足いただけたら青い画像のクリックをお願いします拍手

NEW PURE DRIVE【先行予約中 6月19日〜下旬お届け】今なら人気の振動止めビブラキルプレゼント!どんっ NEW ピュアドライブ 25,600円 どんっ
ピュアドライブが新しくなります。振動吸収システム搭載、グリップがホワイト、デザイン変更(ロディック版の艶あり)など変更点もたくさんあります。気になる人は在庫がなくなる前に急いでチェック!


↑全仏公式ホームページ↑
| comments(0) | trackbacks(0) | by mono

 
スポンサーサイト
| - | - | by スポンサードリンク

 
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://tennis-info.jugem.jp/trackback/145
トラックバック