スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | by スポンサードリンク

 
Day13:ロディック決勝へ
植物 A.ロディック d M.ユーズニー 67 60 76 63 植物

ロディック:「明日どのように楽しむか5分間ぐらい考えて、あとはたくさん食べて、休憩して、明日ここに来て勝つだけだよ。」

1stセットこそ1stサービスの確率が50%台と苦しみましたが、2ndセット以降は70%台まで改善させ、試合を有利に進めました。苦しいところでもサービスでポイントが取れるというのはやはり強いですね。バックの調子も良く、ダウンザラインが武器になっていました。パッシングのうまいユーズニー相手に果敢にネットに出たのも良かったと思います。

ユーズニー:「もし2週間前に誰かが私に『2週間後の日曜日にニューヨークを出発することになるよ』と言ったとしても私は『ヘイ、それはジョーク、ジョーク オブ ザ イヤーだろ』って言い返しただろうね。」

以前のユーズニーはこれといった特徴のない選手だったはずです。なので今大会で勝ち進んでいるのは『勢いだけ』かもしれないと少し疑っていました。しかし、ロディック戦を見てその考えは変わりました。以前よりも肩の力が抜け、緩急をうまくつけているように思えます。特に素晴らしかったのがパッシング!パッシングを打つ状況になるととても自信を持って打っていました。ロディックがマッチポイントを握った局面でも、両手を大きく回し笑顔を見せながら観客に向けて『さあ、もっと盛り上がろうぜ!』というジェスチャーをしました。しかもここからスーパーカウンターショットでデュースまで持ち込む精神力の強さを見せつけました。勢いだけでこれだけのプレーはできません。このプレーを今後も持続できればトップ20に戻るのは十分可能でしょう。

決勝はフェデラーとロディックに決まりました。さて、どうなるでしょうか。この記事はまたあとで書きたいと思います。
| comments(0) | trackbacks(0) | by mono

 
Day13:フェデラー圧勝<全米>
植物 R.フェデラー d N.ダビデンコ 61 75 64 植物

なんなんでしょうか、フェデラーのこの強さは。全豪であれだけ苦しめられたダビデンコ相手に冷や汗すらかかずに決勝に駒を進めました。全米では3年連続、グランドスラムでは6大会連続の決勝進出です。

フェデラー:「1stセットはグレートだったし、今日全体を見ても良いプレーだったね。」

ダビデンコ:「全豪の時はベースラインからコントロールできたんだけど、今日の彼(フェデラー)はあまりにも速くボールを打ってきたんだ。今日はポイントが短かったし、彼はとても速くボールを打った。とても難しいテニスだったよ。彼はナンバーワンだ。彼が全ての大会で優勝しているのは、(毎回)まったく違うテニスをしているからさ。」

ダビデンコはこの試合で1stサービスを71%入れました。しかし、1stサーブでは52%でしかポイントを取れていません。なぜか2ndサービスの時の方がポイントを取れているのです(60%)。フェデラーに取っては1stだろうと2ndだろうと関係なかったのでしょうか。

まったく力みのないテニスで圧勝したフェデラー。これがフェデラーの理想的なテニスでしょう。これをやられたらどんな選手でもひとたまりもありません。本当に『強い』。
| comments(0) | trackbacks(0) | by mono

 
独り言:SF2<全米>
【ロディック vs ユーズニー】

花 1stセット 花
・1-2
 ユーズニーがブレーク!ユーズニーは力が抜けていていいですね。
・6-7
 なんとユーズニーが1stセット先取!

花 2ndセット 花
・3-0
 ロディックの2ブレークアップ!ロディックのバックのダウンザラインは武器になっています。
| comments(0) | trackbacks(0) | by mono

 
独り言:SF1<全米>
今日のNYは天気いいですねー。風も強くなさそうですし。これは雨の心配はなさそうだ^^

【フェデラー vs ダビデンコ】
花 1stセット 花
・2-0
 フェデラーがブレーク。しかし、まだフェデラーのペースというわけではありません。
・3-1
 ダビデンコが初めてのキープ。
 フェデラーが流れを作っている、というわけではなくダビデンコが自分の流れを自分で壊している感じがします。
 これだけミスが多いとダビデンコのテニスからしてちょっと厳しいぞ。
・6-1
 やはりダビデンコのミスが多すぎる。

花 2ndセット 花
・2-2
 ダビデンコ防戦一方。
 自分のテニスをさせてもらえません。
・4-5
 淡泊な試合だ。観客の盛り上がりもイマイチ。
・6-5
 フェデラーがブレーク。
 フェデラーは浅いストロークを多用していますね。
 ダビデンコはそこらへんの処理はイマイチですし。
 確か今年の全豪の決勝戦でも多用していました。
・7-5
 うーん、なんか変な試合

花 3rdセット 花
・6-4
 フェデラーの勝利。なんか眠くなってきたぞ。
| comments(0) | trackbacks(0) | by mono

 
ナダル足首の怪我で次の大会欠場
ディフェンディングチャンピオンとして挑む予定だったチャイナオープンは全米で痛めた足首の影響でナダルは欠場せざるを得なくなってしまいました。

ナダル:「中国のファンには本当に申し訳ないと思ってます。私は北京に戻ること、そしてタイトルを守ることを楽しみにしていました。私は全米で足首を痛めてしまいました。できるだけ早くトレーニングとツアーに戻ることができるためには休養が必要なのです。(TMCの開催される)11月に、そして来年のチャイナオープンの時に中国に戻ることができることを望んでいます。」

ナダル大丈夫でしょうか?去年は怪我を押して何大会か無理して出場し、その結果TMCと全豪を欠場せざるを得ない状態になってしまいました。今年はそんなことのないように無理はせず、しっかりと休養してもらいたいです。
| comments(2) | trackbacks(3) | by mono

 
Day13:準決勝展望
花 【第1試合】R.フェデラー vs N.ダビデンコ 花
過去の対戦成績はフェデラーの7勝0敗!しかし、今年の全豪では2ndセットを奪い、3rd、4thセットでタイブレークまでもつれる接戦を演じました。私はフェデラーと対等にラリーできる選手というのはフォアとバックのバランスがとれていて、かつ間髪入れずに強打を繰り出せることが最低条件だと思っています。これを満たしている選手のいうのはサフィンやナルバンディアン、引退してしまいましたがアガシ、そしてダビデンコもこの部類に入るでしょう。球筋こそ違うものの、私はアガシとダビデンコのテニスは似ていると思っています。機関銃のようにどんどん強打を打てる。ダビデンコには華がないので何で強いのかわかりませんでしたが、2度もGSで準決勝まで来ているのですから『地味』ながらしっかりとした実力をもっているのでしょう。

フェデラーが勝つとは思いますが、ダビデンコは2セットダウンしてもあきらめるような選手ではありませんから、熱戦を期待できると思います。

花 【第2試合】A.ロディック vs M.ユーズニー 花
『進化』したロディックが対戦するのは準々決勝でナダルに勝利したユーズニーです。過去の対戦成績は2勝2敗、最初はユーズニーが2連勝し、その後ロディックが2連勝。ロディックのほうが有利だとは思いますが、ユーズニーも『進化』して自己最高のGSベスト4まで登りつめてきたのだと思います。怪我なども重なりランキングを大幅に落としましたが、やっとここまで戻ってきたのは勢いだけでは不可能です。ユーズニーには期待していたので応援したい気持ちはあるのですが、ここはロディックに勝ってもらいたい。
| comments(0) | trackbacks(0) | by mono

 
いろいろ
昨日、今日は遊び呆けていました(笑)今日はいよいよ男子シングルス準決勝です。

今日は独り言をやる予定です。それと、この記事の後に準決勝展望を書きたいと思います。
| comments(0) | trackbacks(0) | by mono

 
いやー、コアだなあ
友人と電話しているときに、友人の弟が会話に割り込んできました。この子、テニスが大好きなんですよ。どういう成り行きかは忘れましたが、突然モノマネ大会になってしまいました(笑)私が「○○○のマネ」といったらその子がその選手のモノマネをして、どこを強調してモノマネをしているか当てるというもの。

私:「じゃあ、ロディックのモノマネやって」
友人弟:「(モノマネ中)」
友人:「(モノマネ見学中)あー、なるほど」
私:「(ロディックだったらサーブだから)サーブ打った後に左手を思い切り伸ばすところ!」
友人:「正解!」

なんなんだこのゲームは(笑)

私:「次は・・・ヒューイット。」
友人弟:「(モノマネ中)」
友人:「やっぱりそこか。」
私:「(ヒューイットだったら・・・)フォア打ち終わったときに左腕を折りたたんで手の甲を相手に見せるところ!」
友人:「正解!」

意外と面白いぞ!(笑)

私:「じゃあナダルでどうだ!」
友人弟:「(モノマネ中)」
友人:「(困惑中)」
私:「ナダルだったら・・・リバース気味に打つフォア!」
友人:「ブー、不正解」
私:「じゃあ、バモスって言って気合い入れてるところ。」
友人:「だめー」
私:「うーんと、コイントスした後にベースラインまでものすごい勢いでダッシュするところ。」
友人「ちがーう」
私:「うーーーーーーーーーーーーん・・・ギブアップ」
友人弟:「正解は、サービスの時の微妙な顔の角度!」
私:「(爆笑)」

そんなのわかるわけないだろ!でも想像できるしマニアック過ぎて笑い転げていました(笑)

私:「じゃあ、最後にシャラポワで。」
友人弟:「(モノマネ中)」
友人:「へー、そうなんだ。」
私:「(ナダルがかなりマニアックだったから・・・)04年のウィンブルドンで優勝した瞬間に芝生に座り込んで両手で顔を覆ったところ!」
友人:「ちがう」
私:「(もっとマニアックなのか・・・)じゃあ、サービスの時に相手をにらみつけるような仕草!」
友人:「ちがうよ」
私:「うーん・・・わかった!実は父親のユーリのマネしてるんだろ!」
友人:「なわけねーだろ!」
友人弟:「正解は、フォアサイドに走りながらフォアをリバース気味に打って、着地するときに体が少し斜めに傾いてるところでしたー。」
私:「テニス雑誌にそこまで載ってないだろ!」

もう爆笑の渦でした(笑)ほとんどテニス雑誌から得た知識なのに、マニアックすぎる!

実際にやってみると面白いですよ。
| comments(0) | trackbacks(1) | by mono

 
web拍手
web拍手を導入してみました。人気ブログランキングと全米のバナーの上部にあります。もし記事に満足いただけたら押してみてください。ちょっとした感想なども送れるようになっています。
| comments(0) | trackbacks(0) | by mono

 
Day10:ラコステの似合う男<全米>
過去の対戦成績は6勝2敗でヒューイットが圧倒。一番新しい対戦ではロディックが勝利していましたが、これ以降ロディックはスランプ(?)に陥ってしまっていましたからあまり当てにならないでしょう。ロディックのサーブはいとも簡単にリターンされ、ラリーではほとんどヒューイットがポイントを取る。ロディックはやることが何もなくなってしまうような感じでヒューイットが勝利していました。しかし、これは過去のことです。今日のロディックは違った。

植物 A.ロディック d L.ヒューイット 63 75 64 植物
【人気ブログランキング】

強い、強い、強い!ロディックが強い!ヒューイットは怪我をしていますが、それでも苦手な相手に対してこれほどまでのテニスが展開できるとは、しかもロディックが。

ラリー戦では前のロディックよりも肩の力が抜けているように思えます。そのため防御のため使っていたバックのスライスが攻撃にも使えている。フォアの緩急がはっきりとした。そしてこれの一番の恩恵を受けているのがバックのストローク。今までウィークポイントとされていましたがとんでもない、十分武器になっています。クロスはもちろんですが、バックのダウンザラインが素晴らしい!この試合では再三にわたってバックのダウンザラインでウィナーをもぎ取っていました。このようなことから苦手とされていた長いラリー戦でも選択肢が増え、単調にならないテニスができています。

ラリー戦でも負けないことから自信を持てたのか、サーブも落ち着いて打てているように思えます。元々素晴らしいサーブをもっているのですから、サーブで切り崩しさえすれば試合を有利な方向へ進められるのでしょう。

ヒューイットを相手にしてもラリー戦で互角、むしろ押していたぐらいです。ロディックのあまりの出来具合に私は途中で笑ってしまいました。何もかもが完璧に成功しているのですごすぎて(笑)

ロディック:「完璧だったね。パニックにならなかったし。」

これはロディックの『復活』ではありません。『進化』です。コナーズが短期間の間にロディックに与えた影響というのは計り知れないものがあるようです。自信を取り戻し進化したロディック。大人のテニスができるようになりラコステのウェアが似合うようになった男なら今後のアメリカのテニスを背負っていけるはず。

コナーズ:「それ見たことか!」
| comments(0) | trackbacks(25) | by mono

 
<< | 2/26PAGES | >>